学校ご紹介

目 的

自然と寄り添う暮らし

自然と寄り添う暮らし・・・その暮らしの中から、知恵や文化、そして人とのあたたかいかかわりが生まれます。
豊かな自然と共に暮らす人々の知恵や技術を生かした体験活動を通して、地域の文化や豊かな自然を守り、次代を担う子どもたちの心の育成や現代社会に生きる人々の豊かな生活に寄与することを目的にしたNPO法人です。

 

事業内容

子育て支援事業「森のようちえん てくてく」 「森の子育て広場 てくてく」
幼児期の子どもとその親子が自然と触れ合う場の提供

自然体験支援事業「こどもしぜんあそび塾」
小学生以上の日帰り型・宿泊型の自然体験プログラムを提供

くらしの提案事業
くらしを見つめる場の創造
・森ピザの日(森でピザを楽しみながら、薪割りや森のお掃除をする開放日)
・田んぼの日(無農薬で子どもと遊びながらお米を栽培しています。月に1,2回集まって田植え、草取り、畦刈り、稲刈り・脱穀とすべての過程を体験しています。)

森ピザの日のチラシ ダウンロード

森ピザの日のチラシの ダウンロードはこちらから(PDF形式:217KB)

田んぼの日のチラシ ダウンロード

田んぼの日のチラシの ダウンロードはこちらから(PDF形式:430KB)

法人設立

・2004年8月24日 「NPO法人緑とくらしの学校」設立

あゆみ

・環境教育事務所Lifetimeの活動として『こどもしぜんあそび塾』を主催
・法人設立後、『こどもしぜんあそび塾』を環境教育事務所Lifetimeより引き継ぎ活動の柱として展開
・2004年 理事長小菅がデンマーク森の幼稚園を視察訪問をきっかけに子育て支援事業『森のようちえん てくてく』を開催
・2004年~2006年 放課後地域子どもの居場所づくり事業委託
・2006年 野外幼児教育 森のようちえん てくてく トトロ組を開園
・2008年 小菅の自宅から「滝寺のおうち」を事務所兼園舎として構えて引っ越し
・2015年 10周年記念式典に合わせて新拠点「下正善寺のおうち」を構える
現在に至る